酵素玄米は一般的な炊飯器でも炊けるの?


一般的な炊飯器

酵素玄米を始めたいと思った時に、今使っている炊飯器でも炊けるのか気になりませんか?

答えは「炊けます」。

ただし、美味しく炊く為には工夫が必要です。

ひと手間加えれば美味しく炊けます。

酵素玄米の炊飯器や圧力鍋は、そのひと手間を自動化しているわけですから、それを手動で行えば当然美味しく炊けます。

 

酵素玄米を手持ちの炊飯器で美味しく炊く方法とは?

まず、普通の炊飯器で玄米を炊く際にネックになるのは圧力不足でしょう。

セルロースという堅い殻に守られた玄米をふっくら炊き上げるのは、まず浸水させる事です。

水につけたらふやけるという事はイメージできると思います。

寝る前に浸し、朝起きたら取り出すといったアバウトな感覚でも十分です。

 

次に、小豆と塩を適量加え、水の中でよくかき混ぜる事です。

この時に、玄米、小豆に傷がつき、その中に塩を入れたい為です。

これが意外に重要な作業です。

最低3分以上はかき混ぜましょう。

 

これは補足となりますが、浸水時間を長くし、発芽させてから炊き上げるというのも手です。これは白米に近い食感になりますから食べやすいでしょう。

つまり、圧力炊飯器や圧力鍋では当然炊き上げる際に圧力が違いますから、同等までふっくら炊き上げるのは困難でしょう。

しかし、上記のひと手間を加えれば、酵素玄米は炊けます。

 

酵素玄米に炊飯器とは別途必要になるものとは?

酵素玄米を完成させるには、炊き上げた玄米を保温で寝かす必要があります。

ですから、寝かせ玄米とも言われるわけです。

ここで問題があります。

そうです、炊いた炊飯器でそのまま保温にして3日以上寝かすわけですから、その間は次の炊飯が出来ませんね。

ですから、必然的に保温専用のジャーが必要になるわけです。

ただし、保温専用ジャーは1〜2万円で購入出来ますから、そこまで初期費用は膨れ上がりません。

炊いたら保温。このサイクルで運用していく事になりますので、一升入るジャーがオススメです。

 

家にある炊飯器で炊いてみて味を確認するのもいいでしょう。

また、ひと手間を解消したい場合は、やはり酵素玄米専用の炊飯器が妥当でしょう。

圧力も一般的な家電の炊飯器より強い為、限りなく圧力鍋で炊いた玄米に近づきます。

これならワンタッチで炊飯してくれますし、今は発芽モードを搭載した酵素玄米炊飯器も存在します。

 

続けて初めて酵素玄米の効果を得る事が出来ます。ですから手間がネックとなり続かないのは本末転倒、非常に勿体無いです。

気になる方は、過去に酵素玄米専用の炊飯器を比較した記事がありますので、参考にしてみて下さい^^

酵素玄米の炊飯器、比較してわかった究極の炊飯器!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA